Man Furuya



What's new 12

January 13, 2022​

                                                                      No. 052119   Mt. Fuji, 2019


富士山と同じ目線での8x10​フォーマットによる高精細撮影。雲海も手伝いましてうまく行きました。想像の世界をCGを控えた描写に起こすリアルイマジネーション(Real Imagination)の世界でございます。^^



January 20, 2022

                                                                       No. 011222   Morning Lit on Peaks, 2022


12、1、2月というのは大気中の浮遊物が少なく遠景を撮影するのに適しています。3月に入りますと様々な生物が空気中に漂い始めます。^^

宇宙、地球の話になるとこういう目に見えないけど関係しあっての生物の営みなのでそう簡単に地球からは出られないというのが普通の考え。生活のレベルを考えるのであればこの複雑な体系をそれごと持って行くかもしくは最初から宇宙生まれのという感覚なら適応できるのかもしれない。



January 27, 2022

                                                                                 No. 121821   Moonset, 2021



茶番には飽きた。^^ というわけで?House of GUCCIを観てきました。新旧配役の揃い組にも今では繋がりとして観るようになりました。そういえば当時はトムフォードか。今振り返るとファッションブランドのピークはあの時だったよなとか、映画と洋楽サントラセット物は1985〜1990年くらいがピークだったよなとか思い起こします。当時の西洋エンタメ業界と東西冷戦の仕掛けとか。俗にいうブランド物は当時辺りからから投資の対象になり始め今ではほとんどが巨大投資グループ傘下となっているようです。その結果が現在のショウーウインドウに飾られているわけですが。当時は気がつかなくとも振り返ると実はということは経験として蓄積されるものですね。^^