Man Furuya

what's new 10

June 3, 2021

No. 042321   Lake Suwa and A Moon Trail, 2021


これが諏訪湖と月の光跡の全構図。

また来年に撮影予定。その頃タイムテーブル的にはどうなっているんですかね。^^

どうあれ翻弄されないようにね。



June 10, 2021

                                                                          No. 061614-4   Irises, 2014


五感、六感を研ぎ澄まし、季節を愛でる。

史上最大の作戦、The Longest Dayという映画を観た。いつの時代も世界の民はそれが一体何なのかは気が付くまい。あのテーマ曲、小学校で散々聞かされたのはどういう訳なのかとか。 マモーの世界観は分かりやすい。^^



June 17, 2021

                                                No. 012308-2   Mt. Fuji, cities, and A Pine Tree, 2008


自然の中に身を置いてみる。普段如何に勝手なルールに縛られていることが分かる。人間ってちっぽけだね。^^



June 24, 2021

                                                    No. 061816   Tokyo Gate Bridge and A Moon Trail, 2016



このところのニュースなドラマがどうもワンパターンのように感じられるのは何故だろう。

いや、何も起こさら無ければ何も生まれないのが普通であるのだがそれでは困ると言うのが世の常らしい。^^



July 1, 2020

                                                               No. 020901   A Bench in The Desert, 2001


スマートな?社会システムがボーッとする暇を与えてくれないようになって幾年月。

実はこのボーッとする時間こそが大切であると解って来た。残念だが彼らはそれをさせてはくれない。何故か。そこには深い理由がある。^^

日常、常に負荷が与えれて現状させてくれないと戸惑うのか、如何に解き放つようにしてくのかは個人の工夫次第だぜ。かくゆう私もこの投稿している現状どうにかならないかと思っている。^^



July 8, 2021

                                                                       No. 042902   Untitled, 2002


まさかイベントと連動しているとは思わなかったあの頃。皆で飛び跳ねていた。^^

ひとりびとりが試されていることに気がつけば大丈夫。

ただこれは今に始まった事ではないし、世の中がどうであろうと個々の人生においてはずっとつきまとう大事なお話。見守っているという表現は本来はこの意味、外部からの強制ではないと思う。


作品はまだ夜景シリーズの初期なので画面が少し暗いかもしれない。この後の研究の積み重ねでどうにかなって行く訳で。前回の砂漠エリアでの撮影も実はこれも夜景。当時はまだその都度の試行錯誤だったというお話。



July 15, 2021

                                                        No. 072016   Lotuses and A Moon Trail, 2016


最近の世界のスポーツイベントの盛り上がりの様相を見ておかしなことに気がつくだろうか。何かがおかしい。世の原理に逆らうと無理が矛盾として露呈する好例。^^

さて気になるのは日本語のデスマス表現のデスはdeathの発音ではないはずなのだが優秀なトレーニングを積んでいるハズのとあるプロが何故にdeath, deathと聞こえるように連呼するのかは私の耳がおかしいのかそれとも考えの及ばないところにあるのかもしれない。^^


最近は季節モノが多いかな。今回の作品は古代蓮と月。何か月がギリギリ。^^



July 22, 2021

                                                        No. 032208-1  Seascape and A Moon Trail, 2008



本物と嘘をどのくらいで混ぜれば人々はそれらを信じるのか、という研究がある。^^

ちなみにこの作品どこから撮影しているのか想像して頂きたい。


でなければ今日あふれかえる情報が一体何を基軸とされ流されているのかを知ることはできないであろう。疑問を抱かせる様な映像作品を見て思う今日この頃であった。^^


0