Man Furuya

マイブログ

Blog

from the place 240

Posted on 20 December, 2017 at 10:16
小さい小さい !























地球の地磁気が逆転したり不安定だったり過去360万年間だけを見ても11回繰り返しているとか。その最後(最近)にあたる77万年前の逆磁極期(赤印の地層部分)から過渡期の磁極遷移帯(黄印地層)を経て現在の正磁極期(緑印地層)に至るそうで。ここはその過程を地層を通して観られるところ。

地磁気というのは宇宙放射線をさえぎってくれるバリヤーみたいなもの。
その地磁気が逆転する際不安定な時期100〜年単位をかけて移行するのだけれどその間地球上の生物は宇宙放射線にさらされる。おそらく深海生物態系は一番その影響が低いと思われる。そういう過程を経て現在があるのだという真に想像が膨らむのですがどうでしょう。(ずれました)^^
(見学の方は長靴は必要です)


No. 120617-1   Global Boundary Stratotype Section and Point,  Chiba, 2017


古家 万

Categories: from the place 236~240

Post a Comment

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

0 Comments