Man Furuya

マイブログ

Blog

from the place 245

Posted on 24 January, 2018 at 11:38 Comments comments (201)
まだあります。






















これは岩壁が見えていない状態で手前の橋と木の配置から構図を合わせて撮影
していたのを思い出します。これも夜景。肉眼では見えない世界。
2004年10月26日撮影って季節的に早い雪景色ですね。
ストックを見返すと何かあの時の自分と今の自分は同じ様で違うんだと思ったり。^^

古家 万

No. 102604-1   Yosemite Falls, California, 2004

from the place 244

Posted on 17 January, 2018 at 11:27 Comments comments (0)
前回からの続き。
頭初は撮影時の寒さでフィルムの発色に問題が生じたのかと思ったりしていま
した。岩壁が青白いって?月夜は厳密にはやはり日中と違い青っぽい世界なのですが。それでも経験から被写体と月の軌道角度が織りなす結果としての色味は様々。

























さてこれは順光で被写体は比較的反射の強い花崗岩の図。身の回りにある花崗岩をルーペなどで見ますとキラキラしていたり黒ごまのようなものが入っていたり。要するに反射しやすい鉱物なのです。でまとめますとこの作品って実物版
浮世絵きら刷じゃーないかと。
今更始まったことではないがこのプロジェクト、偶然ではあるのだが肉眼では
見えない、見えていない世界はまだまだたくさんあると今後も教えてくれるであろう。^^

No. 051503-2   Yosemite Falls, California, 2003

古家 万


from the place 242

Posted on 3 January, 2018 at 10:54 Comments comments (0)
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。























No. 120217-1   Mt. Asama and A Pine Tree, 2017


え〜 一富士二鷹三茄子と申しますが浅間山と松図でございます。^^
お気に入りの図ですので今年の年賀状にしてみました。





















New Year's Greeting Card, 2018


皆様にとりまして実りある一年となりますように。


古家 万


from the place 241

Posted on 27 December, 2017 at 11:03 Comments comments (97)
一応の流れで引き続き今回はこちら





















先週知ったのですが前回取り上げました地層には環境保護の為に近づく事が
禁止となりました。河原までは大丈夫ということです。撮影日12月6日は混雑を
避ける為に早朝撮影でした。
実際現場では狭く足元はゆるく一般見物するには少しどうかなと思いました。
道中けっこうなこう配もありお年寄りにはどうかなと思いましたし。
私見ですがこの撮影前盛んにテレビで取り上げていて混雑するのは大丈夫なのか
これ以上触れない方が良いのではないかと見守っていました。
話題性としては大きくしたいけれど環境は保護したい。難しいものです。

話は変わりまして例の映画?^^様々な意見がありますが総合するとまさかこういうのが狙いってことないでしょうけど。

No. 120617-3   Yo-Rou-River, Chiba, 2017

古家 万