Man Furuya

マイブログ

Blog

from the place 205

Posted on 19 April, 2017 at 11:16 Comments comments (0)
以前ロケハンをしてから数年が経過。

















No. 040917   An Ancient Burial Mound, Cherry Blossoms,
                        and A Moon Trail, 2017

私はただ月とオブジェクトの関係を想像し、頃合いを見てカメラを置く。
古墳にたずさわった古代の人々、桜を植えた人、そして数十年後、私が現れ
月はあそこでとカメラを置いて行くという。^^
今更ですがこういうの支持して頂ける方はウェルカムということで。

古家 万

from the place 204

Posted on 12 April, 2017 at 11:18 Comments comments (0)
先日撮影に行ってきました。
まだ現像していないので今回はロケハンから(ロケーションスカウトともいう)
それだとロケスカになります。ま、それはさておき。















No. 041117   Untitled, 2017

ミルフィーユ的な。食べたくな〜る。
来年以降目にすることがあればあの時のモノということで。^^

古家 万



from the place 203

Posted on 5 April, 2017 at 11:11 Comments comments (0)
♪この道はいつか来た道〜 by 北原白秋 先生

相変わらずの世界情勢。都合が悪くなると他に事件を起こしてごまかしにかかる。
ニュースはその広報役を担っていると観られる。と言ってみる。

何か花見どころではないような感じがするのですがここはあえてお花見で
どうぞ。^^













No. 040909-2   Cherry Blossoms, Japan, 2009

古家 万


from the place 202

Posted on 31 March, 2017 at 11:14 Comments comments (0)
近所のソメイヨシノがいま一つ開花していかない。
と言うわけで一足お先にこちら、、、













No. 040209-1   Cherry Blossoms (detail), Tokyo, 2009

撮影当時は2009年。ただ撮影当時と今の心境とはチョト違う。
震災以降、さくらの意味と役割も色々な解釈があることを考えさせられる。

前回、標高の高い所での撮影作品を載せましたがあの撮影中でさえもし噴火したらとか地震が起きたらとかは想像して撮影していました。当日はガリガリ雪の
状況での想定問答。
世にはびこる慣れにも色々ありまして不感という慣れは後にも先にも恐いものです。

古家 万

from the place 201

Posted on 22 March, 2017 at 11:55 Comments comments (0)
雪あります。。。
















No. 031117   Mt. Asama (Asamayama), 2017

先月撮影の為に伊豆半島へ行き、梅、早咲きの桜と視覚的にも春を感じました。
一方その感覚で今月次のロケ地を訪れてしまい感覚的な勘違いも手伝いまして
こちらはまだまだ寒いのに驚き。
にしても標高1400メートル付近で夜間-11度でしたが経験からすると土地柄
でしょうか標高の割には少し気温低すぎるような。
雪が溶けるまで待つとしますか。^^

古家 万