Man Furuya

マイブログ

Blog

from the place 180

Posted on 12 October, 2016 at 11:23 Comments comments (0)
そういえば時は2001年



















No. 01-04   Mother Point, AZ, 2001

過去にはこのような場面も撮影した。(初期の頃は日中みたいに仕上がっています。)
これでも水をひたしてしまえば海岸沿いの奇岩の風景にも成りうるし、、、
またその逆もさもなん。
しかしゴゴゴゴゴゴってこういう地の動き、浸食が残像で見ることの出来ない
人間の一生ってのはなんとも長い様で短い。

ここでは左端フレームにオブジェクトを入れて画面構成を図っています。^^


古家 万





                                           


from the place 179

Posted on 5 October, 2016 at 10:30 Comments comments (0)
時は春。















No. 040514   Cherry Blossom Petals, Tokyo, 2014

いや、別に意味はないんだけれど
こうすると、前回の作品と、、、















  No. 091516

似てない?か。^^
別に意味はないんだが、ふと、ね。

古家 万



from the place 178

Posted on 28 September, 2016 at 10:33 Comments comments (0)
時は2016年9月15日(中秋の名月)
























No. 091516   Seascape and A Moon Trail, Iwate, 2016

ほぼ希望の位置に月が疾走してくれました。例にもれず光跡止めで締めています。
曜変天目(ようへんてんもく)、ブルー•エモツィオーネ ってにているなぁと、、、そして出来れば今作品も参戦。^^ アオの色合いって奥深いんです。

古家 万



from the place 177

Posted on 21 September, 2016 at 10:53 Comments comments (0)
先週は中秋の名月。
私は北へ。。。















No. 091516   kon-na-kanji, like this, from behind the scenes, Iwate, 2016

5月にも訪れその時は構想二つのうちの一つが完成。
それで今回はもう一つの方を仕上げる為に天候を祈りながらの巡業。
運良く撮影時間中は中秋の名月(これはたまたま)で撮影する事が出来ました。
今回を逃せばまた来年になるところでした。^^
次週お楽しみに。

古家 万



from the place 176

Posted on 14 September, 2016 at 10:30 Comments comments (0)
時は2014年3月15日















No. 031514   Toyosu, Tokyo, 2014

日ごとに色々な事が明らかになる豊洲の状態。
さてこれはどういう段階なのだろうか。
これは一体何処の国のできごとなのだろうか?
いまどき有り得ないことが堂々と実物大のものが目の前のそこにあるのだが。
オカルト的よくあるあるパターンとしてこういう事案を聴衆の目からそらすような
また大きな事が起きませんことを願うばかりです。

古家 万