Man Furuya

マイブログ

Blog

from the place 25-2

Posted on 8 February, 2013 at 11:41 Comments comments (0)
前回お届けしました "no. 110212" より










no. 110212   Untitled, 2012   cropped study 1
























no. 110212   Untitled, 2012   cropped study 2





















no. 110212   Untitled, 2012   cropped study 3










no. 110212   Untitled, 2012   cropped study 4


前回の作品をクロップしてみました。全体としての作品の意図が分かりやすくなっていれば幸いです。
今回は各画面をクリックしていただけるとさらに楽しめるようにしました。色々なものを取り込んでいるのが鑑賞できると思います。


古家 万

from the place 25-1

Posted on 1 February, 2013 at 11:39 Comments comments (101)
時は2012年11月2日
















no. 110212   Untitled, 2012

いいのが出来ました。
が、見て下さる方はどのような感じなのでしょうか、ね。

古家 万


from coast to coast

Posted on 18 January, 2013 at 11:39 Comments comments (97)
今回は作品の中から2つを展示。
















no. 101610-1   Bentenjima and A Moon Trail, Shimane, 2010

















no. 090811   Nikotan and A Moon Trail, Niigata, 2011


一つは島根県稲佐の浜にある岩山と社と松。
もう一つは新潟県新発田にある通称ニコタン。(現在違うヴァージョンも構想中で自然とのタイミング待ち)タンクに目と口を入れキャラクターにしてしまう。
時代を超えて万物に魂を与えまじめさとゆるさを共存させる。このような国
他には存在しない、百鬼夜行と八百万の神の国、日本。


古家 万

from the place 24

Posted on 10 January, 2013 at 11:01 Comments comments (97)
今回は最新作でこちら、
時は2012年12月23日















no. 122312   Mt. Fuji, Lake Ashi, and A Moon Trail, 2012

箱根からの景色の中では有名なスポット(撮影場の実際は少し工夫しています)ですが思い通りのものとなると話は別。
構想から4年目の時期を迎えての撮影でした。これは特に月光跡のポジションが重要で光跡がここに入って欲しい日と安定を保ってくれた箱根の天気がこの日ようやく噛み合わさりめでたく完成。
振り返ればこの4年の間、日本の色々な所に撮影に出掛けたので帰り道にふと箱根が近所に思えたのがこの撮影の一番の印象だったりします。

古家 万




from the place 23-2

Posted on 28 December, 2012 at 12:00 Comments comments (0)
この撮影を12年後に取り上げてみたのは時期的(色的に)にホリデーシーズンにかこつけて。もう一方で遠く日本の机上から容易に現場を振り返ることができ
る喜んで良いのか悪いのか微妙な12年後の現在。(ビッグデータのお話)




















Untitled, Carson, CA, 2000

12年も経つ訳だから人工物以外の芝も植木も土も入れ替わっているのでしょうね。
以下でおおよその12年後が確認出来ます。



古家 万

from the place 23-1

Posted on 21 December, 2012 at 11:57 Comments comments (0)
今回は年末ごとにからみましてこちら、





















Untitled, Carson, CA, 2000

当時フィルム別カラーテスト用に選んだロケ地です。
赤と緑がいい味出しています。
毎年の事ですが何故かこの時期撮影に追われています。

久しぶりに
次回につづきます。

古家 万

from the place 22

Posted on 14 December, 2012 at 11:56 Comments comments (0)
遠野の御神木からハルカカナタ。
以前紹介しましたアメリカ、Lake Isabellaからのショット。
















Lake Isabella-2, CA, 2000













Lake Isabella-2, CA, 2000(detail)













Lake Isabella-2, CA, 2000(detail)


文化的背景は違っても古今東西、木に何らかの意味を見い出したり持たせるのは
人間の深層に刻まれた何かでしょうか。


古家 万




from the place 21

Posted on 7 December, 2012 at 11:42 Comments comments (0)
今回は岩手県遠野から。
時は2012年10月31日
















no. 103112-1   Trees, Tono, Japan, 2012

近代建築から謎の木へ。
遠野を初めて訪れたのは今年の9月下旬。色々見て回りましたが深い所です。
想像を働かせすぎると何だこれは?と、まさに、?のオンパレード。

自然の奥深さから逃れて近代化に走ったのは人間が自然に対抗できないことを
悟ったから。日本を撮影行脚して行くと近代化の途中でその忘れ去られた歴史観を掘り下げることにリンクしてゆく。

古家 万